白髪染めを始める年代でもありますよね

女性・男性を問わず、白髪を気にしだす年齢は、大体30代後半から40代にかけてでしょう。とくに、年齢より若々しく見せたい、というのは女性にとって永遠のテーマですから、白髪を隠すために女性用白髪染めを使い出す年齢とも言えます。

 

できればこまめに白髪染めを使いたいところですが、髪や頭皮へのダメージが気になるところですね。髪にツヤが無くなり、キューティクルも剥げ落ちてしまってはいくら白髪が隠せても魅力的とは言えなくなってしまいます。ダメージが大きいと次に白髪染めを使った際に染まりにくい、という場合もあります。

 

そこで全体を染める、部分染めで対応したいなど利用目的に合わせて、白髪染めを利用してみましょう。部分染めの場合は女性用の筆ペンタイプ、マスカラタイプなどで気になる部分だけを染めれば、全体を染める必要はなくなります。

 

全体を染める時にダメージを最小限にとどめたい場合は、素手で扱えるタイプの白髪染めを探してみましょう。以前はビニール手袋で対応していた白髪染めですが、素手で使える、髪や肌に優しいタイプの女性用白髪染めの人気が高まっています。

 

このような髪や頭皮への気配りは、女性のみならず男性も十分に配慮したほうがいいでしょう。男性は髪あ地肌へのいたわりが不足すると、薄毛やハゲの原因にもなりかねません。薄毛は、女性よりも男性のほうがホルモンの関係上なりやすいので、さらなる配慮が必要ということですね。ぜひ気に留めておいて下さい。