髪質の違いと対処法

使用するのが女性にせよ、男性にせよ、限らずに、女性用の白髪染めを使用して比較的染まりやすい人、染まりにくい人、ほとんど染まることのない人、と様々ですが、その違いは何が原因なのでしょうか。

 

一言で表すとそれは「髪質」の違いです。所謂太くて硬い髪質の人は一般的に染まりにくく、柔らかくて細い髪質の人は比較的染まりやすいようです。パーマも同じように、効果の大小は髪質に関係しますよね。

 

髪質だから染まりにくいのは仕方がない……と諦める必要はありません。染まりにくいという場合には説明書に書かれている、塗布してから洗い落とすまでの時間を長めにとることが有効です。何度か時間を変えて染めてみれば、どのくらいの時間放置すれば最も効果的に染められるかが判明するはずです。

 

さらに女性用の白髪染めを使用するときは、環境温度に注意しましょう。女性用白髪染めの説明書に記載されている使用時の設定温度は大抵25℃を目安としています。冬や夏はこの設定温度に近い温度の場所で白髪染めを行うか、塗ってから洗い落とすまでの時間を調節するなどの工夫をしましょう。

 

人によって髪質は様々ですが、どの髪質でもやり方によってはきちんと染めることが出来ますので、髪質で諦めるなんてことはしないようにしたほうがいいと思われます。